イタリアとのビジネスに不可欠な
イタリア語でのコミュニケーションに関する課題を
解決します。

 

イタリアの企業やビジネスパートナーと英語を使ってコミュニケーションをとっているけど、どうもうまく意思の疎通ができず困っている。

 

プロのイタリア語通訳に来てもらったり、英語やイタリア語ができる人材を新たに社内に雇用するのはコストがかかりすぎるので、オンラインツールを使ってイタリアのビジネスパートナーともっと頻繁に気軽にコミュニケーションをとる方法はないのかな?

 

これまでイタリアの取引先とお互い片言のブロークン英語でやり取りしてきたが、今後はビジネスのステージを上げるためにも、プロにコレポン業務を頼みたいけどどこに頼めばいいんだろう?

 

英語でのコレポン代行業務をこれまで頼んできたが、イタリア側があまり英語が得意でないようでうまくコミュニケーションが取れず困っている。

 

イタリアとビジネスを始める上で、コストパフォーマンスの良いイタリア語のランゲージサービスはないのかな?

 

社内で英語ができる人が少なく、特定の人にばかり海外とのやり取りの業務負荷が集中してしまっているので何とかしたい。

 

イタリア人ビジネスパートナーとの英語でのメールのやり取りと内容の翻訳にばかり時間がとられ、他の業務が全くできなくて困っている。

 

これらの課題を解決するため、アリア株式会社では、イタリア語を話すビジネスパートナーとのコミュニケーションを円滑に行うための様々なランゲージサービスを提供しています。

 

英語が通じないイタリア企業との直接商談および取引のためのオンラインコミュニケーション業務を、メール、ZOOM、WhatsAppを駆使した迅速で正確なコミュニケーションをイタリア語と日本語にて代行いたします。

 

イタリア語によるコレスポンデンス業務(コレポン業務)の代行を承っています。

イタリア語コレポン代行業務の種類

イタリア語によるコレポン代行業務には、
以下の3つの種類があります。

​①メールのみによるコレポン代行

②メールとWhatsAppなどのメッセンジャーアプリによる混合コレポン代行

③WhatsAppなどのメッセンジャーアプリのみによるコレポン代行

​それぞれの違いは以下のとおりです。

 

 

​①メールのみによるコレポン代行

イタリア側とは、E-mail によるやり取りのみとなります。

 

②メールとWhatsAppなどのメッセンジャーアプリによる混合コレポン代行

イタリア側とは、メールに加えてWhatsAppなどのメッセンジャーアプリを使用したやり取り
となりますので、コミュニケーションがより迅速化されます。

 

③WhatsAppなどのメッセンジャーアプリのみによる
コレポン代行

イタリア側とは、E-mail によるやり取りのみとなります。

1 e-mailとは?】

イタリア語200単語までのe-mail 文面を指します。                                               

 

200単語を超える場合は、超過するイタリア語1単語ごとに追加料金が加算されます。

【メール回数とは?】

e-mailでのやり取りを指します。

 

メール回数は次月に繰り越せません。

【メール回数の数え方】

例:日本側からイタリア側にメールを1回送り、それに対して先方からメールで返事がある場合は、合計2回と数えます。

 

【メール回数が契約期間の最大回数を超える場合】

1メール当り追加料金が加算されます。

【メッセージ回数とは?】

 

WhatsAppなどのメッセンジャーアプリを使用したもので、メッセージ1送信を1回とカウントします。

*契約料金は、依頼される代行業務の具体的な内容やビジネスの規模などを勘案した上で個別にお見積りさせて頂きます。

下記までどうぞお気軽にお問い合わせください。